花野井くんと恋の病

花野井くんと恋の病【第33話】あらすじと感想「しばむーの恋」

花野井くんと恋の病【第33話】あらすじと感想「しばむーの恋」 花野井くんと恋の病

ほたるの担任の穂積先生に結婚退職の噂が立ちました。それを聞いて呆然とするしばむーは実は穂積先生のことが好きみたい。何とか力になりたいほたるときょーちゃんですが、しばむーは「無理に踏み込んでこないほどほどの関係が楽で良かったのに」とほたるたちと自分の間に線を引いたのでした。

花野井くんと恋の病【第33話】あらすじ「しばむーの恋」

2学期が始まり明日からはいよいよ文化祭です。
クラスの出し物で、ほたるはウサギ耳をつけ、花野井くんは王子様のコスプレをしています。
コスプレをしている花野井くんを見つけたほたるは、花野井くんに写真を撮りたいと言いました。すると花野井くんはウサ耳のほたるをお姫様抱っこでツーショットでして写真に納まりました♡
それを周りで見ていたみんなが大騒ぎをしていたところに、担任の穂積先生がほかのクラスの担任の綾子先生と通りかかりました。仲が良さそうな先生たちの様子を見て、生徒たちは二人が結婚するという噂をしています。
するとそれを聞いてしまったしばむーは、呆然と立ちすくんでいました。

そんな様子を見たきょーちゃんは、学校帰りにしばむーに「もしかして穂積先生のこと…」と聞いてしまいます。しばむーはしょうがなく、剣道教室での小さいときからの知り合いで、自分の片想いであること、告白もしてすでに振られていることを打ち明けました。しばむーはそれでも諦めきれずにいたのです。でも、それだけ話すと「もうこの話はおしまい」、とそれ以上踏み込ませてはくれません。

それでもほたるは「いつも助けてもらっているから、こういう時は力になりたい」「大好きな人が大変な時はちゃんと気づけるようになりたい」と思います。

翌日。
文化祭当日です。
ほたるが学校に行くと、今度は穂積先生が学校を辞めるという噂でもちきりになっていました。教頭先生と穂積先生が話しているところを聞いてしまった生徒がいたようで、綾子先生の実家がお金持ちだから結婚してそちらを手伝うのでは?とみんなが話しています。
そこにちょうど穂積先生が来て、クラスの子が先生に「学校をやめるって本当ですか?」と直接聞きました。
すると穂積先生は「私の話は言うべき時がきたら話します」と否定しないまま立ち去りました。

そこへ噂を聞きつけたきょーちゃんがやってきて、しばむーに「ちゃんと確かめなきゃ」と言います。
ほたるも「私たちで力になれることがあれば…」と言うと、しばむーは「前は人の恋愛に踏み込んでこなかったのに、ほたるは変わったね」と悲しそうに言いました。
さらにしばむーは「なんでも話さなくて良くて、無理に踏み込んでこないほどほどの関係が楽で良かったのに」「自分の恋は自分で片づけるから大丈夫」とほたるときょーちゃんに言い、どこかへ行ってしまいました。

その瞬間、自分たちとしばむーの間に線を引かれてしまった、と思うほたるです。

そんな中、文化祭が始まります。

花野井くんと恋の病【第33話】感想「踏み込んで欲しくないしばむー」

ウサ耳のほたるも超キュートだけど、やっぱり王子様コスプレの花野井くんはすごいカッコイイ!
いつもなら絶対に花野井くんが先にほたるを見つけて花野井くんから写真を頼む流れだけど、今回はほたるが先に花野井くんを見つけましたね。そのくらい花野井くんがキラキラと目立っていました♡
だけどほたるは花野井くん単体の写真をリクエストしたにも関わらず、花野井くんはほたるをお姫様抱っこ♡♡さすが、ぶれない彼氏です(笑)。

さてそんな中、突然持ち上がった穂積先生の結婚退職の噂!職場恋愛ならしばむーも気づいても良さそうな気がするけど…寝耳に水だったみたいでついいつもの冷静さを保てなくなって呆然としてしまったようです。
それとも「そんなのただの噂だ」って聞き流せない何かがあったのかな…?

そして、しばむーの好きな人がわかってしまったほたるときょーちゃんは、なんとかしばむーの力になりたいと思っていますが、反面、踏み込んで欲しくないしばむー。う~ん、これは難しいですよね。踏み込まれたくないしいばむーの気持ちを尊重すれば、それは不安で苦しい気持ちでいるしばむーを放っておくことになってしまいます。「私たちがいるよ」って言ってあげたいし、頼って欲しい。しばむーのことが大好きだから独りにしたくない…。
ほたるがそう思ったのは、自分が花野井くんとの関係につまずいたときに、いつもふたりが話を聞いてくれたり勇気をくれたりしていたことが、ほたるにとってとても力になったと感じているからなんでしょうね。それにほたるときょーちゃんの出会いも、きょーちゃんの失恋したときにほたるが聞き役として力になったときでした。だからふたりは、好きな相手と上手くいかないときの心細さも、そんなときに友達がそばにいてくれる心強さも知っているから、今回しばむーを独りにしたくないと強く思ったのかもしれませんね。

それでもしばむーに線を引かれてしまったほたるときょーちゃん。

文化祭は一体どうなってしまうのでしょうか…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました