ニュース

倉岡宏行生い立ち「父のコネで極道俳優」神真都Qリーダー

倉岡宏行生い立ち「父のコネで極道俳優」神真都Qリーダー ニュース
倉岡宏行生い立ち「父のコネで極道俳優」神真都Qリーダー

警視庁公安部は、神真都Q会(ヤマトキュー)の自称リーダーの倉岡宏行(43)をクリニックに無断で侵入したとして逮捕しました。

倉岡宏行は現在、岡本一兵衛と名乗り活動しています。倉岡宏行は俳優時代にナイフで人を刺した殺人未遂事件も起こしています。

倉岡宏行の生い立ちはどのようなものなのでしょうか。調査します。

倉岡宏行は父親のコネで俳優になった

倉岡宏行の父親は、俳優の岡崎二朗(78歳)です。父の岡崎二朗の本名は「倉岡 誠」です。

倉岡宏行は父親の芸名と同じ姓の岡崎を使い、「岡崎礼」という名前で、2006年頃から俳優として活動し、Vシネマで主演を演じるほどの人物でした。極道や暴走族の役が多くこなしています。

特にオーディションなどを経た経歴がなく、父親である岡崎二朗のコネで芸能活動を開始したものとみられます。

倉岡宏行は俳優として2000年から2007年まで、22歳から29歳くらいまでの7年間、50本以上の映画に出演して俳優として活動していたようです。

倉岡宏行神真都Q生い立ち|岡崎二朗と岡崎礼

倉岡宏行神真都Q生い立ち|岡崎二朗と岡崎礼

俳優「岡崎礼」時代にナイフで刺して殺意未遂

2007年に知人の男性をナイフで刺したとして、殺人未遂容疑で逮捕されています。

2007年9月12日午後1時35分ごろ、東京都港区西麻布の雑居ビル5階にある映画企画制作会社の事務所で、同社役員でプロデューサーの男性(52)が、俳優の男に刃物で刺されて軽傷を負った。男は約5分後に警視庁麻布署に出頭し、殺人未遂容疑で逮捕された。
住所不定の俳優倉岡宏行容疑者(28)で、岡崎礼の芸名でビデオ映画などに出演。
俳優岡崎二朗さんの長男という。調べでは、倉岡容疑者は、事務所にあった刃渡り約10センチの登山用ナイフで、
男性の右脚の付け根と太ももを2回刺し、約2週間のけがを負わせた疑い。倉岡容疑者は約半年前にトラブルで事務所を解雇されていた。
事件当時、男性に「使ってくれ」などと話していたが、
男性が別の相手に電話をかけたため「無視されたと思った」と供述しているという。
倉岡宏行神真都Q生い立ち|岡崎礼は殺人未遂の犯罪者

倉岡宏行神真都Q生い立ち|岡崎礼は殺人未遂の犯罪者

倉岡宏行の身勝手すぎる殺人の動機

倉岡宏行はなぜトラブルを起こしたのでしょうか。

殺人未遂の動機は、相手が自分の要求を受け入れてくれずに無下に扱われてカッとなったということです。

「無断で海外に行ったのをとがめられ、解雇された。再雇用を求めたが拒否され、話を無視して携帯電話で話し始めたためカッとなった」というのが動機
倉岡宏行神真都Q生い立ち|岡崎礼は殺人未遂の犯罪者

倉岡宏行神真都Q生い立ち|岡崎礼は殺人未遂の犯罪者

倉岡宏行の生い立ち

倉岡宏行の生い立ちを見ていきましょう。

  • 生年月日:1978年(昭和53年)9月24日生まれ(現在43歳)
  • 1997年:桜美林高等学校卒業
  • 2000年:新GONINという映画で俳優デビュー
  • 2007年:殺人未遂で逮捕
  • 2008~2020年までの12年間は不明(3年から5年の刑期があったものとみられます)
  • 2021年:神真都Q結成し岡本一兵衛(いちべえ)という名前でリーダーを名乗る
  • 2022年4月:渋谷区の接種会場に、不法に侵入した疑いで逮捕
  • 2022年6月:新宿区の接種会場に、不法に侵入した疑いで逮捕

現在は東京都大田区田園調布本町に住んでいましたが逮捕され、5月10日に起訴されています。

倉岡宏行が再逮捕!怯える子どもらに脇目もふらず

2022年6月2日に倉岡宏行容疑者が再逮捕されました。これで3回目の逮捕です。

今回の容疑も前回2回目と同じく、建造物侵入の疑いでの再逮捕です。

新型コ●ナのワク●●接種に反対する団体「神真都Q」のリーダー・倉岡宏行容疑者(43)ら5人が、今年3月29日、東京・新宿区の集団接種会場に、不法に侵入した、建造物侵入の疑いで再逮捕された。(FNNプライムオンラインより引用)
ひより
ひより

集団接種会場を回っていたらしいですから、さらに再逮捕が増えそうですね。

とすこ
とすこ

こりゃしばらくムショから出られんなwww

倉岡宏行|裁判中はマスク着用「起訴内容、間違いありません」

2022年9月6日、建造物侵入罪で逮捕された倉岡宏行の初公判が開かれ、容疑を認めました。
新型コ●ナウイルスのワクチン接種会場に侵入したとして、建造物侵入罪に問われた反ワクチン団体「神真都(やまと)Q会」元幹部、倉岡宏行被告(43)ら5人の初公判が6日、東京地裁(平出喜一裁判長)であった。  5人とも「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。 検察側は冒頭陳述で、倉岡被告らがマスクを着用せずに接種会場に侵入したことで「ワクチン接種が中断したり、避難を強いられたりして受けられなかった人も出た」などと指摘した。法廷では、倉岡被告らはマスクを着用していた。(時事通信より引用)

コメント

タイトルとURLをコピーしました