MENU

リファドライヤーが爆発!交換方法は?問い合わせ先と交換対象の製造番号

当ページのリンクには広告が含まれています。
リファドライヤーが爆発!交換方法は?

高級ドライヤーであるリファドライヤーが爆発するというニュースが流れました。 以前から複数の報告はあったのもの報道を機に一気に話題となりました。 リファドライヤーの交換方法や問い合わせ先、リコール交換対象の製造番号を調査します。

リファドライヤーの爆発報告が相次ぐ

高級ドライヤーで人気のリファが「爆発する」とX(旧:ツイッター)でのポストが相次いでいます。

  • 噂通り使っていたらカラカラなって爆発した
  • 爆発音のせいで耳がキーンとなっている
  • ドライヤー爆発した時のメーカーの対応が最悪だった
  • リファのシャワーヘッドはよかったのに残念
  • 中国製でおそらくコンデンサーに防爆弁がついてない
  • 3年くらい使って爆発しました。保証してもらえなかった…。

これらの声を受け、めざましテレビが調査報道したところメーカーはリコールを発表しました。

リファドライヤーの交換方法(リコール方法)と製造番号(どこ)

今回メーカーは2019年10月〜2021年8月までにMTGより発送した商品のうち無償交換の対象商品が含まれると公開しています。

報道がある前は、保証期間外で交換してもらえなかったようですが10月31日の報道によって交換する方針に変更しています。

今回の交換対象リファドライヤーは、保証書なくても対象の製造番号が一致した場合に交換してもらえます。

リファドライヤーの製造番号はどこに書いてあるかというと『ドライヤーのプラグ部分に記載』されています。

なお、交換対象商品のシルバーは同色がないため別の色を選択することができます。

リファドライヤーの交換方法(リコール方法)の手順

リファ運営会社MTGのサイトで各種必要事項を入力します。

  1. 「お使いの製品をご選択ください」でリコール対象商品「ReFa BEAUTECH DRYER」にチェック
  2. 「製造番号をご確認ください。」で確認済みにチェック
  3. 「交換を希望されますか。」で「はい」にチェック
  4. 「下記へ製造番号を入力してください。」でドライヤーのプラグ部分に記載されている製造番号をアルファベットから入力※【アルファベット + 数字7桁】 が製造番号
  5. 「交換商品につきましては、ReFa BEAUTECH DRYER PROへ交換いたします。」で「了承」にチェック
  6. 「RDS(シルバー色)から始まる製造番号の方は、同色のご対応が出来かねます。 下記より交換品の色をご選択ください。」でホワイト・ブラック・ピンクの好きな色を一つ選択
  7. 「購入日」を入力。不明な場合は不明と入力
  8. 「購入店」を入力。
  9. 「お客さま氏名」を入力。
  10. 「ふりがな」を入力。
  11. 「携帯電話の番号を入力してください」を入力。
  12. 「メールアドレス」を入力。
  13. 「お客様の受付番号」を入力。受付番号がない場合はゼロを10コ入力。
  14. 商品返却に同意にチェック
  15. 「送付先(郵便番号)」を入力。
  16. 「送付先(ご住所)」を入力。
  17. 「■お届けのご希望時間帯■」で希望時間帯をチェック。
  18. 確認画面にて必要情報を確認して送信

リファドライヤーの交換できる対象商品の製造番号

リファドライヤーの交換できる対象商品の製造番号は次の通りです。

交換対象の製造番号

  • RE-AB02A (白)   RDT0010001 ~ RDT0151500
  • RE-AB03A (黒)   RDB0010001 ~ RDB0059000
  • RE-AD05A (ピンク) RDG0010001 ~ RDG0013000
  • RE-AB15A (シルバー) RDS0010001 ~ RDS0025000  

リファドライヤーの電話問い合わせ窓口

リファドライヤーの電話でのリコール問い合わせ窓口は下記です。

代表:0120-315-332

おすすめのブランドドライヤー

リファのドライヤーは高級なブランドドライヤーですが、他も高級ブランドドライヤーも注目です。 バイオプログラミングを搭載した髪のための美容機器「レプロナイザー」

バイオプログラミング公式ブランド
¥57,200 (2024/07/19 20:50時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

速乾。過度な熱ダメージを防ぎ、なめらかな髪に。ダイソンのドライヤー。風力も強くてよく乾きます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

新卒で沖縄の新聞社に記者として入社。3年勤めたのち結婚を機に退職し上京。
現在は港区でフリーライターとして活動しています。
大手が報道しない、できない事柄を調査して深掘り(ネット情報の切り貼り)するのが得意。

コメント

コメントする

目次